*

そろばんの割り算のやり方 ~2桁÷1桁~

このページではそろばんの割り算のやり方を解説しています。

今回解説する割り算の内容は2桁÷1桁になります。

youtubeに解説動画をアップしているので、参考にして下さい!

今回の内容に対応した練習用のプリントです。

必要な方は印刷をして練習に活用して下さい!

⇒⇒2桁÷1桁の練習用プリントをダウンロード

 

2桁÷1桁の割り算

96÷3の計算

まずは96÷3の計算を使って解説します。

 

割り算は掛け算の片落とし同様に、割られる数(式の左側の数)をそろばんに置いてから計算を始めます。

なので、まずは96をそろばんに置いてスタートです。

置く桁はそろばんの中央の定位点を一の位にしましょう。

 

 

ここから計算に入りますが、初めに計算の順番をご紹介します。

割り算では割られる数の大きい桁、つまり左側の桁から割っていきます。

この問題であれば、96の9÷3から順に考えます。

 

 

まずは9÷3=3ですが、9の2桁左に3を入れます。

掛け算では珠を右に置いて計算していきましたが、割り算は元の数の左に珠を置きます。

 

 

次にそろばんに入れた3と、割る数の3を掛けた9を引きます。

割り算は元の数を引いていきます。

掛け算が足し算と九九から構成されるのに対して、割り算は引き算と九九が必要とされます。

引き算が苦手な方は注意しましょう!

 

 

続いて、そろばんに残っている元の数の6÷割る数の3を考えます。

6÷3=2なので、6の2桁左に2を入れます。

 

 

そして置いた2×割る数の3を掛けた2×3=6を引きます。

これで割られる数は0になったので、計算は終わりです。

よって答えは32になります。

 

割り算のポイント

そろばんの割り算では答えの置く桁が大切になります。

上の説明では割られる数の2桁左の桁に珠を置くようにしましたが、正確には割られる数の一の位の2桁左の桁に珠を置きます。

 

割られる数の一の位2桁左の桁

 

これを理解しましょう!

9÷3であれば、割られる数9の一の位(9がある桁)の2桁左に珠を置きました。

6÷3も同様です。

あいまいに進むと、今後桁が増えたときに間違えやすくなります。

割られる数の一の位の2桁左です!

 

60÷4の計算

 

続いて60÷4の計算を使って確認します。

まずは60をそろばんに置きます。

計算する順番は割られる数の左側(大きい桁)からというのは、桁がいくら増えても変わりません。

 

なので、6÷4から考えます。

 

6÷4は4の段に6になる数はありません。

つまり、余りのある割り算です。

 

このとき、4の段で6を超えない一番近い数を探します。

つまり、4×2=8だと、6を超えてしまいます。

なので、4×1=4が一番近い数になります。

 

 

よって、1を6の2桁左に入れます。

そして置いた1×4の4を6から引きます。

ここで引くのはあくまでも4です。

6を引きたくなってしまうかもしれませんが、気をつけて下さい。

 

元の数を引くときの考え方は、置いた数×割る数で考えることをおすすめします。

この先、割る数が2桁以上に増えたときに、スムーズに計算が行えます。

詳しくは動画内を参考にして下さい。

 

 

次に、そろばんに残った数20÷4の計算です。

20÷4=5なので、割られる数20の一の位(0)の2桁左の桁に5を入れます。

そしてそろばんに入れた5×割る数4の20を引きます。

これで答えの15を求める事が出来ました。

 

余りのある割り算では余りの数を求める必要はありません。

6÷4=□…2
このように、□の数を求めることが必要になります。

割り算を慣れていない子には、こうような練習をするとスピードを上げることが出来ます。

 

今回の解説は以上になりますが、やはり大切なのは答えの珠を置く桁を間違えないことです。

桁が少ないうちは大丈夫だと思いますが、桁が増えるととても大事な点になります。

割られる数の一の位の2桁左です。

 

ここに注意して割り算の学習を進めましょう!

 

動画内ではもう1問84÷6を使って、これらを確認しています。

よかったらご覧下さい!

⇒⇒2桁÷1桁の練習用プリントをダウンロード

 

2桁÷1桁の学習が終わった方は次は3桁÷1桁をおすすめします!

答えの桁を入れ間違える典型的な問題を取り扱っています。

3桁÷1桁の解説ページへ。

 

PC用広告


公開日:
最終更新日:2018/09/14

 
 

PC用広告

そろばんテキスト無料で差し上げます!※登録不要:全24ページの入門教材

 そろばんテキストは何十年も変わっていない親が子供のときにそ

フラッシュ暗算はいつから始めるべき?

画面に映し出される数字を涼しい顔で計算する小学生がテレビで紹介されてい

初心者用そろばんの簡単な問題【幼児~1年生向け】

 幼児向けそろばんテキストおすすめはこれ!【参考】では、小学

幼児向けそろばんテキストおすすめはこれ!【定番2種を徹底比較】

 ここでは小学校就学前の幼児がそろばんを習うときに、おすすめ

見取暗算を上達させるコツであるたった一つの意識の違い

そろばん学習者であれば、基礎が終わると同時にほぼ並行して始める暗算の練

→もっと見る

PAGE TOP ↑