*

フラッシュ暗算問題集

こちらではフラッシュ暗算の問題を無料で解くことが出来ます!
各ページ内で5問ずつ出題されます。

フラッシュ練習問題

各問題1分程度で解けるので、気軽に挑戦して見て下さい!

1桁の問題

4口の問題集へ ⇒⇒ こちら
5口の問題集へ ⇒⇒ こちら
6口の問題集へ ⇒⇒ こちら
7口の問題集へ ⇒⇒ こちら
8口の問題集へ ⇒⇒ こちら
10口の問題集へ ⇒⇒ こちら

 

2桁の問題

4口の問題集へ ⇒⇒ こちら
5口の問題集へ ⇒⇒ こちら
6口の問題集へ ⇒⇒ こちら

 

フラッシュ暗算の活用方法

フラッシュ暗算はゲーム感覚で計算力を養うことが出来ます。

大人の方であれば脳トレや自分の暗算力を試すことも出来ます。

 

子供の方であれば単純に楽しいと思います。

楽しみながら暗算能力も上達させることが出来ます。

 

フラッシュ暗算の問題に挑戦する子供の方は、ほとんどがそろばん経験者でしょう。

そうであれば暗算力を身に付けるために、フラッシュ暗算を上手に活用することをおすすめします。

 

そろばんを習っている人であれば、暗算の練習をするベースとなる手段はテキスト演習です。

しかし、テキストの見取算だとなかなか練習の気が乗らなかったり、長時間演習するのは大変です。

 

暗算力を伸ばすには【テキスト】【読上げ暗算】【フラッシュ暗算】と、3つの練習方法があります。

この3つを上手に活用しましょう。

個人的な感覚ですとテキストよりもフラッシュ暗算の方が、フラッシュ暗算よりも読上げ暗算の方が、難しい問題を解くことが出来ます。

 

なので例えば3桁の加減算が出来るようになりたいなら、読上げ算⇒フラッシュ暗算⇒テキストといったように、練習します。

このように3つをうまく活用することで、飽きずに楽しみながら暗算力を身に付けることが出来ます♪

 

PC用広告


公開日:
最終更新日:2019/10/02

 
 

PC用広告

フラッシュ暗算はいつから始めるべき?

画面に映し出される数字を涼しい顔で計算する小学生がテレビで紹介されてい

初心者用そろばんの簡単な問題【幼児~1年生向け】

 幼児向けそろばんテキストおすすめはこれ!【参考】では、小学

幼児向けそろばんテキストおすすめはこれ!【定番2種を徹底比較】

 ここでは小学校就学前の幼児がそろばんを習うときに、おすすめ

見取暗算を上達させるコツであるたった一つの意識の違い

そろばん学習者であれば、基礎が終わると同時にほぼ並行して始める暗算の練

そろばん教室を変えるときに知っておきたい2つの確認事項

何らかの理由で子供が通うそろばん教室を変えることもあるでしょう。仕事の

→もっと見る

PAGE TOP ↑