*

フラッシュ暗算はいつから始めるべき?

画面に映し出される数字を涼しい顔で計算する小学生がテレビで紹介されているのを一度は目にしたことがあるでしょう。

そう、フラッシュ暗算です。

フラッシュ暗算が世に出始めて約20年が経つのですが、近年では広く認知されており興味を持たれる方が多くいらっしゃいます。

当初は見取暗算を練習するための補助教材という位置づけが、今では大会や検定種目にも採用されています。

そのためフラッシュ暗算だけを習わせたい親御さんもいらっしゃいます。

また、フラッシュ暗算の指導に特価したそろばん教室もあります。

ではフラッシュ暗算はいつから始めるのがベストなのか?

フラッシュ暗算を練習に取り込むことで、本物の暗算力(計算力)を楽しみながら、効率よく身に付けることが出来ます。

今回はそんなフラッシュ暗算をいつから始めるのが良いのかを、その理由とともにご説明いたします。

ちなみに当サイトでは気軽にフラッシュ暗算を練習することが出来ますように、フラッシュ暗算問題集を用意しております。

興味がある方はご利用下さい!

 

暗算検定を受けるころから始めよう

ではさっそく本題ですが、結論を先に述べると、フラッシュ暗算は暗算検定を受けるころから始めるのが一つの目安と言えます。

一般的に暗算検定は10級から受け始めることができます。

問題としては1桁の数字を3~4つ(4口)計算し、解答します。

暗算を練習し始めているということは、ほとんどの場合そろばんで1~2桁程度の数を、得意不得意はあるにせよ一通り計算できるレベルになっているはずです。

もし暗算をまだ練習し始めていない場合は、まだ習っていないそろばんの計算パターンがあるかもしれません。

本人がそのことを知らずに、その状態でフラッシュ暗算に取り組んでしまうと、頭の中が混乱してしまいます。

そうするとそろばん式の計算をせずに、一生懸命答えを求めてしまいます。

そろばんを習ってしっかりとした暗算力が身に付く子は、きちんとそろばん式の計算で練習を続ける子です。

これを簡単な問題から積み重ねることで、後々大きな差が生じます。

これを避けるために、そろばんで一通りの計算ができる状態の、暗算に取り組んでいる段階から、フラッシュ暗算に取り組むのが良いでしょう!

 

見取暗算だけで練習する失敗パターン

冒頭でフラッシュ暗算を練習に取り込むことで本物の暗算力を身に付けるのに役立つと紹介しましたが、その理由をご説明いたします。

当サイトでは何度か紹介しておりますが、本物の暗算力を身に付けるためには、きちんとそろばん式の暗算を身に付ける必要があります。

フラッシュ暗算は従来の紙で練習する見取暗算以上に、そろばん式の暗算を身に付ける効果があります。

以下で見取暗算での失敗パターンをご紹介します。

見取暗算での失敗パターンはそろばん式ではなく、筆算式で計算することです。

上記の問題では先に3と7を足して10を作り、そのあとに52と計算し、答えの17を導きます。

もちろんそろばん式では上から順に計算をしていきます。

 

どちらも17という正解を求めることができますが、級が進んで口数が増えたり、桁が増えると通用しなくなります。

なので、当然どのそろばん教室でもそろばん式を徹底させているはずですが、講師は生徒一人一人の暗算の計算過程まで見れるわけがありません。

生徒の中にはこっそりと筆算式で計算し、全問正解している子もいるのです。

そういう子は実際にはバレていますが

 

一方でフラッシュ暗算では画面の数を順に計算するしかありません。

嫌でもそろばん式で考えなければ、解けないのです。

そのためフラッシュ暗算はそろばん式の暗算を身に付けるのに役立つのです。

 

読上暗算も有効な練習方法

筆算式の暗算を行うリスクを下げるという意味では、フラッシュ暗算同様に、読上暗算も有効な練習手段です。

こちらもフラッシュ暗算同様に、読まれる数を順に加減算することになるからです。

 

暗算力を伸ばすには、できるだけ多くの五感を活用することをおすすめします。

フラッシュ暗算では主に視覚を、読上暗算では聴覚を、見取暗算も含めて指を使うことで触覚を活用できます。

 

当サイトでは読上算の問題も豊富に用意してあります。

良かったら1桁や2桁の問題を読上暗算の練習に活用してみて下さい!

 

PC用広告

関連記事

フラッシュ暗算ゲーム『フラッシュ暗算診断』に挑戦

最近フラッシュ暗算の熱がすごい管理人。今回はtwitterで目にしたフラッシュ暗算のゲーム『フラッシ

記事を読む

無料フラッシュ暗算アプリおすすめはこれ!

前回の記事でフラッシュ暗算のアプリをいくつか試したうちの『フラッシュ暗算(記録可)』というアプリを使

記事を読む

フラッシュ暗算の練習用ページ開設のお知らせ

youtubeにフラッシュ暗算の問題をアップしているのですが、このたびサイト内のみでの限定公開という

記事を読む

フラッシュ暗算世界一の記録を体感

まだまだフラッシュ暗算熱が冷めやまないブログ管理人。今回はフラッシュ暗算の世界記録を調べてみましたの

記事を読む

見取暗算を上達させるコツであるたった一つの意識の違い

そろばん学習者であれば、基礎が終わると同時にほぼ並行して始める暗算の練習。そろばんに頼らなくとも速く

記事を読む

フラッシュ暗算アプリを試してみた感想

最近では広く認知されてきたフラッシュ暗算。近年では競技としてだけでなく、子供が楽しんで暗算の練習出来

記事を読む

フラッシュ暗算1桁7口シリーズ動画アップ完了のお知らせ

フラッシュ暗算の1桁7口シリーズの動画問題をyoutubeにアップし終えましたのでお知らせいたします

記事を読む

フラッシュ暗算の問題(練習用:1桁5口)

先日紹介したアプリ『フラッシュ暗算DX』で2段までは順調に合格した管理人。3段からは苦戦し始めました

記事を読む

フラッシュ暗算の問題(練習用:1桁6口)

フラッシュ暗算の動画問題をyoutubeにアップしました!前回の1桁5口シリーズに続き、今回は1桁6

記事を読む

PC用広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PC用広告

そろばんテキスト無料で差し上げます!※登録不要:全24ページの入門教材

 そろばんテキストは何十年も変わっていない親が子供のときにそ

フラッシュ暗算はいつから始めるべき?

画面に映し出される数字を涼しい顔で計算する小学生がテレビで紹介されてい

初心者用そろばんの簡単な問題【幼児~1年生向け】

 幼児向けそろばんテキストおすすめはこれ!【参考】では、小学

幼児向けそろばんテキストおすすめはこれ!【定番2種を徹底比較】

 ここでは小学校就学前の幼児がそろばんを習うときに、おすすめ

見取暗算を上達させるコツであるたった一つの意識の違い

そろばん学習者であれば、基礎が終わると同時にほぼ並行して始める暗算の練

→もっと見る

PAGE TOP ↑