*

読上算 6~10桁【加算】 ~そろばん中級者・上級者向け~

ここでは読上算の加算(足し算のみ)の問題を無料で練習することが出来ます。

このページでは6~10桁までの問題を扱っています。

現在用意されている桁数:3~6桁、4~6桁、5~6桁、6桁揃い、4~7桁、5~7桁、6~7桁、7桁揃い、5~8桁、6~8桁、7~8桁、8桁揃い、6~9桁、7~9桁、8~9桁、9桁揃い

※5桁以下の問題は別のページにあります。

⇒⇒1~5桁の問題(加算)へ

 

問題はそれぞれ15問用意されています。

5問ごとに読むスピードが速くなります。

答えは1問ごとに画面下部と音声で流れます。

 

必要な方は解答用紙としてご利用下さい。

⇒⇒読上算用の解答用紙B5

 

3~6桁、4~6桁、5~6桁、6桁揃いの問題

 

4~7桁、5~7桁、6~7桁、7桁揃いの問題

 

5~8桁、6~8桁、7~8桁、8桁揃いの問題

 

6~9桁、7~9桁、8~9桁、9桁揃いの問題

 

いかがだったでしょうか?

そのページの問題で練習する方はそろばん中級者や上級者以上だと思います。

桁数の幅を広げたり、読むスピードが速い問題にチャレンジして上達してください!

 

 

ちょっと難しすぎる…という方は5桁以下の問題で練習しましょう。

⇒⇒1~5桁の問題(加算)へ

 

PC用広告


公開日:
最終更新日:2019/07/07

 
 

PC用広告

そろばんテキスト無料で差し上げます!※登録不要:全24ページの入門教材

 そろばんテキストは何十年も変わっていない親が子供のときにそ

フラッシュ暗算はいつから始めるべき?

画面に映し出される数字を涼しい顔で計算する小学生がテレビで紹介されてい

初心者用そろばんの簡単な問題【幼児~1年生向け】

 幼児向けそろばんテキストおすすめはこれ!【参考】では、小学

幼児向けそろばんテキストおすすめはこれ!【定番2種を徹底比較】

 ここでは小学校就学前の幼児がそろばんを習うときに、おすすめ

見取暗算を上達させるコツであるたった一つの意識の違い

そろばん学習者であれば、基礎が終わると同時にほぼ並行して始める暗算の練

→もっと見る

PAGE TOP ↑