*

そろばんの効果(記憶力)

公開日: : 最終更新日:2018/09/14 そろばんの効果 , ,

そろばん学習を行うことで得られる効果のひとつに記憶力が挙げられます。

よくそろばんをするときには右脳を使うと言いますが、目で捉えたものを瞬間的に記憶するときに右脳を使用するのです。

具体的にはそろばんを解くときは問題(数字)を見て瞬時に記憶し、そろばん上に目を移して計算を行います。

見取り算の場合はこれの繰り返しになります。

計算後は答えを瞬時に記憶して記入に移ります。

もちろん進級するにつれて扱う桁数が多くなるので、その分記憶力がアップしていくでしょう!

 

また、そろばん以上に記憶力がアップするのが暗算です。

暗算はそろばん上で行われることをすべて頭の中でイメージをしながら行います。

当然ながらそろばんよりも取り扱う桁数は少なりますが、暗算を行うことでより記憶力は向上します。

右脳を鍛えることによって得られる記憶力は暗記といったように、何度も何度も繰り返すことによって覚える記憶とは違い瞬時に覚える記憶力です。

それでいて頭の中に長くとどめることができます。

 

 

 

 

PC用広告

関連記事

そろばんの効果(計算力)

そろばんを行うことで得られる効果がたくさんあることをご存知ですか?その中でも子供にそろばんを習わせる

記事を読む

PC用広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PC用広告

そろばんテキスト無料で差し上げます!※登録不要:全24ページの入門教材

 そろばんテキストは何十年も変わっていない親が子供のときにそ

フラッシュ暗算はいつから始めるべき?

画面に映し出される数字を涼しい顔で計算する小学生がテレビで紹介されてい

初心者用そろばんの簡単な問題【幼児~1年生向け】

 幼児向けそろばんテキストおすすめはこれ!【参考】では、小学

幼児向けそろばんテキストおすすめはこれ!【定番2種を徹底比較】

 ここでは小学校就学前の幼児がそろばんを習うときに、おすすめ

見取暗算を上達させるコツであるたった一つの意識の違い

そろばん学習者であれば、基礎が終わると同時にほぼ並行して始める暗算の練

→もっと見る

PAGE TOP ↑